NEWS & TOPICS

スペアタイヤ及びツールボックスの点検義務化について

道路運送車両法に基づく「自動車点検基準」が改正され、2018年10月1日より車両総重量8トン以上の車両において、スペアタイヤ及びツールボックスの3ヶ月毎の定期点検が、使用者に義務付けられました。
事故防止のため、確実な点検と適切な整備をお願い致します。
(自動車点検基準改正 施行:2018年10月1日)

【対象車両】

・弊社クレーン製品を架装した車両
・弊社キャリア製品を架装した車両

※現在、ご使用の車両も対象になります。

【点検項目と方法】

点検項目 方法
[1] スペアタイヤ取付装置の緩み、がた及び損傷 緩み、がた及び損傷がないかを工具等を使い確認、目視、手で揺するなどして点検
[2] スペアタイヤの取付状態 異常な傾きや緩みが無く、確実に取り付けられているかを目視、強く押すなどして点検
[3] ツールボックスの取付部の緩み及び損傷
(輪止め入れ、スリッパケースは含まない)
緩み及び損傷がないかを工具等を使い確認、目視などにより点検

【点検時期】

  • 3ヶ月毎に実施

【措置】

  • 点検の結果、異状が発見された場合は直ちに整備を行う。
  • 月例記録簿及び年次記録簿に、点検結果と措置を記録する。

【お問い合わせ】

弊社製品に関するお問い合わせ、整備のご依頼は、全国のユニック販売会社・支店、または、弊社指定サービス工場までご相談ください。

NEWS & TOPICS

年別アーカイブ